北九州市は「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定されました。

会員情報

ボートレース若松

  • 01:貧困をなくそう
  • 02:飢餓をゼロに
  • 03:すべての人に健康と福祉を
  • 04:質の高い教育をみんなに
  • 08:働きがいも経済成長も
  • 09:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10:人や国の不平等をなくそう
  • 11:住み続けられるまちづくり
  • 13:気候変動に具体的な対策を
  • 14:海の豊かさを守ろう
  • 15:陸の豊かさも守ろう
  • 17:パートナーシップで目標を達成しよう

私たちの取り組み

北九州市では、関係法に基づき、社会の振興・発展や本市財政に貢献することを目的にボートレース事業を実施しています。
ボートレース若松の収益金は、若戸大橋・若戸トンネルの無料化のほか、子育て環境や教育の充実などにつながる事業の財源として活用されています。
また、収益金の一部は、日本財団を通じて福祉車両の配備や災害等の支援など、国内外を問わず、下記のような幅広い分野の社会貢献活動に役立てられています。

【社会貢献分野】
船舶・海洋に関する研究開発、海洋教育の普及や促進・海に関わる人材育成の支援、造船事業者への資金貸付、障害者の地域生活支援、福祉車両の配備、ホスピス・プログラム、子どもの健全育成、環境保全、復興支援、芸術文化や生涯スポーツの推進、犯罪被害者支援、貧困等の諸課題の解決や社会発展を担う人材育成、ネットワーク構築を目指した活動

Translate »