北九州市は「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定されました。

【開催延期】おしゃべりSDGs vol.4「ひともどうぶつ!動物からみたこれからの未来」を開催します!(株式会社ジーエータップ)

※ 本イベントにつきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大影響により、開催を延期いたします。

哺乳類綱霊長(サル)目ヒト科ヒト属ヒト。人間もれっきとした動物、地球上のいち生物です。1日に100種の生物が絶滅しているともいわれている現在、その原因はほかならぬ私たち人間活動の影響が原因です。
動物園での獣医師業務が27年目となりすっかり動物目線で物事を考えるくせがついたと笑う外平獣医師。「動物たちから見たSDGs」という、新たな視点についてお話を伺いたいと思います。ぜひご覧ください!

■ 登壇者
獣医師、学芸員、博士(獣医学)
外平 友佳理氏
福岡県立戸畑高校を卒業後、宮崎大学農学部獣医学科へ。長崎バイオパーク(動物園)、大学動物病院の研修医、大阪の動物病院を経て、2001年より北九州市の動物園、到津の森公園に就職。飼育動物に対する獣医臨床業務、研究活動および環境教育活動などを行う。動物園で内外の活動を続ける中、野生動物と地球環境に対する危機感が増大、より積極的に行動を起こす必要があると考えたため2019年9月より独立。
外平動物総合事務所を開設、訪問診療によりペットとは良好な関係づくりを、野生動物とは地球規模で暮らす意識で様々な環境教育と保全活動を行うことを目指す。現在は主にフリーランスの動物園獣医師として6施設の動物園施設での診療のほか夜間救急病院、災害時獣医療チーム、大学での非常勤講師、講演活動など行っている。

北九州市企画調整局
SDGs推進室室長 上田 ゆかり氏
1995年北九州市入職後、到津の森公園(動物公園)の再生における市民支援制度構築、広報企画をはじめ、北九州学術研究都市の管理運営等を担当。北九州市観光協会、産業経済局観光課で「北九州市の強み」である「環境・ものづくり」をフックとした産業観光、工場夜景、修学旅行の企画や市のブランディングに尽力。2019年に創設したSDGs推進室の室長として、産学官民「オール北九州」で「SDGsのトップランナー・北九州市」を目指す。

■ 日時 : 2022年2月3日(木)18時~19時

■ 場所 : YouTubeによるライブ配信を行います。
+TAP北九州(福岡県北九州市小倉北区京町3−1−1 セントシティ7階)よりお届けします。

■ 視聴方法 : 開始時間になりましたら、以下のURLよりご視聴ください。
https://youtu.be/XzqacJO1Te4

■ 詳しくはホームページをご覧ください。 https://plus.tap.ga-tap.co.jp/news/event/talking-sdgs4-animals/

Translate