北九州市は「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定されました。

【企画展】「食×SDGs企画展 ~第1話 食品ロスを考える~」がオープンします!(北九州市環境ミュージアム)

北九州市環境ミュージアムでは、新たな取組みとして、昨年度よりSDGsをテーマとする企画展を開催しております。2020年度は私たちにもっとも身近な「食」をテーマに、SDGsについて様々な視座から考え、楽しく体験する場を提供させていただきます。
今回は第1話として、「食品ロス」を中心にプログラムを構成いたしますが、今後も引き続き「食×SDGs企画展」をテーマに、食にまつわる様々な課題を皆様と一緒に考えていけたらと思っております。

【食をテーマにした理由】
私たちを取り巻く「食」は、①生産、②加工・流通、③消費・利用、④廃棄・リサイクルという段階を経て循環していますが、それぞれの段階において環境をはじめとする諸問題と深く関わっています。
例えば、
① 生産では、農地を作るために行う森林伐採の問題
② 加工・流通では、遠くから原材料を運ぶ際に船や飛行機から出るCO2の問題
③ 消費・利用では、まだ食べられるのに捨ててしまう食品ロスの問題
④ 廃棄・リサイクルでは、食品を包装するプラスチック廃棄物の問題 などがあります。
以上のように、食はそれを取り巻く問題が多様であること、そして何より私たちに欠かせない、身近なものであることから、市民の方が幅広い問題について、イメージしやすいテーマであると考え、採用しました。

【開催概要】
冷蔵庫を整理した際、賞味期限を大きく過ぎた食品が見つかって捨ててしまった、野菜や果物の皮を必要以上に厚くむいてしまった、そんな経験はありませんか。
第1話では、本来食べられるのに捨ててしまう「食品ロス」をテーマに、食品ロスがどこから発生していて、出さないために何ができるかといったパネル解説に加え、食品ロスの寄贈をうけ、必要な方に提供している「NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン」の協力を受け、実際に回収された食品を見ることができます。
さらに、体験型のイベントとして、食品ロスを遊びながら学べるカードゲームや北九州市内の地産地消について理解を深められるバスツアーなどを企画しています。

1 日時:令和3年1月15日(金)~3月14日(日) ※休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
2 場所:北九州市環境ミュージアム(北九州市八幡東区東田2丁目2-6)第5ゾーン他

・詳しくはこちら

https://www.kitaq-sdgs.com/wp/wp-content/uploads/2021/01/02d9ded66c42b5742c8a099043ddbcb2.pdf

[2021年1月14日]

Translate »