北九州市は「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定されました。

クラブ運営要領

北九州SDGsクラブ運営要領

名称
本会は、「北九州SDGsクラブ」(以下「クラブ」という。)と称する。
目的
本会は、SDGsの達成に向けた産学官民による幅広い活動の推進のため、SDGsに関連する活動に取り組んでいる、または関心を持っている団体・企業・個人等が自由に参加できる場を提供し、会員同士の交流や情報交換を通じて、各々の活動の活性化を目指すことを目的とする。
事業
本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。

  1. 会員の募集等の事業(活動希望者や団体の加入申請の受付)
  2. 会員の活動等の推進、情報共有及び交流に資する事業(交流会やアワードの開催等)
  3. 会員に対する人材育成等の事業(勉強会やセミナー等の開催)
  4. 会員の活動内容等の情報発信等の事業(PR)
会員
本会は、本会の目的に賛同し、本要領を順守する個人、企業、団体(法人格の有無を問わない)の会員をもって組織する。

  • 本会への加入を希望する者は、その旨を書面等により提出し、審査を得て承認されることで、会員となる。
  • 会員は、書面等により届け出て退会することができる。
  • 会員が次の各号のいずれか又は全てに該当する場合、その会員を除名することができる。
    1. 本要領に違反又は本会の信用を著しく害したとき
    2. 会員が解散又は営業を停止したとき
    3. 暴力団等反社会的勢力と関係があることが判明したとき
    4. その他本会の運営に当って重大な支障が生じると認められたとき
組織
本会の事務を処理するため、企画調整局SDGs推進室及び北九州商工会議所に事務局を置く。

  • クラブの事業や運営等に関する企画・調整・情報発信全般等は、企画調整局SDGs推進室が行い、企業向けの情報発信等は北九州商工会議所が行う。
  • 事務局は、クラブの目的を達成するため、将来的なクラブ組織の在り方について検討を行い、最適な組織の構築を目指すこととする。
運営
会費は無料とする。
暴力団員等の排除
会員は、次のいずれかに該当してはならない。

  1. 暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(以下、「暴対法」という。)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)または暴力団(暴対法第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ)もしくは暴力団員と密接な関係を有するものであること。
その他
この要領に定めるもののほか、本会の運営に関して必要な事項は事務局が別に定める。
付則
この要領は、2019年1月17日から施行する。

北九州SDGsクラブ運営要領

Translate »