北九州市は「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定されました。

02:飢餓をゼロに

北九州市立竹末小学校
・引野保育園との交流 ・八幡特別支援学校との交流 ・ケニア、マゴソンスクールとの交流 ・JICAの研修員との交流
北九州市立槻田小学校
槻田川の清掃活動、槻田川についての調べ活動
北九州市立高須小学校
・朝の清掃活動(地域の方とともに) ・食育の推進(家庭・地域との連携) ・リサイクル工作(クラブ活動において再生紙ハガキ作りなど)
ボートレース若松
北九州市では、関係法に基づき、社会の振興・発展や本市財政に貢献することを目的にボートレース事業を実施しています。 ボートレース若松の収益金は、若戸大橋・若戸トンネルの無料化のほか、子育て環境や教育の充実などにつながる事業の財源として活用されています。 また、収益金の一部は、日本財団を通じて福祉車両の配備や災害等の支援など、国内外を問わず、下記のような幅広い分野の社会貢献活動に役立てられています…
有限会社コ・リード
SDGsの理解促進、起業支援、子育てひろば事業(親子ふれあいルーム)
The Certain Bar
無農薬や野生の材料や地元産の材料の使用 発酵食品や高保存性材料の使用、生ごみ堆肥など食品廃棄の軽減 備品の長期的利用
明治学園中学校・高等学校
防災減災についてシンポジウム開催、市内小学校での啓発での啓発のための授業、ベトナム・カンボジアの水問題研究、大気汚染の研究など、グローバルイシューの解決をテーマに研究し、発表活動をしています。
学校法人福原学園 自由ヶ丘高等学校
SDGsに関わる講演会(JICA、大学などに依頼)、職場訪問の際にディスカッションを行う、北九州市立大学の学生との勉強会、SDGsにまつわる場所への校外学習会
株式会社オービット
高齢者の見守り活動、ジェンダー平等への取組み、街中美化活動
Translate »